溶連菌感染症

 A群溶血性連鎖球菌(溶連菌)は、子どもののど(急性咽頭炎)や皮膚(膿痂疹)に感染症を起こす細菌です。ありふれた感染症ですが、感染後にリウマチ熱や急性糸球体腎炎を起こすことがあり、注意が必要です。

 溶連菌による急性咽頭炎を抗菌薬で治療すれば、リウマチ熱は防げます。急性糸球体腎炎は咽頭炎でも膿痂疹でも起こす可能性があり、抗菌薬で治療しても防げません。溶連菌感染後は1ヶ月くらい、むくみや血尿、高血圧などの症状に注意が必要です。

のどの感染(急性咽頭炎)は抗菌薬で治療

 溶連菌による急性咽頭炎は、溶連菌がのどに感染して、発熱、のどの痛み、頬や首が赤くなる発疹が出ます。発疹が強い場合は猩紅熱とも呼ばれます。5~15歳の子どもに、冬から春先にかけて多くみられます。唾液や鼻水を介して伝染し、潜伏期間は2~5日です。流行状況や、のどの所見(のどが赤く腫れていたり、膿がついているなど)から、溶連菌感染の可能性がある場合、抗原迅速検査を行って診断します。

 咽頭炎は、治療をしなくても、3~5日間で治ってしまいます。抗菌薬の飲み薬を使うことで、早く良くなり、また他人にうつす危険性も減らせます。溶連菌は耐性菌(抗菌薬が効きにくくなった菌)が少ないので、ペニシリン系の抗菌薬(例えばアモキシシリン 50 mg/kg/day)がよく効きます。薬を飲み始めて1日で熱が下がりますが、中断せずに決められた期間きちんと飲んで下さい。ペニシリンアレルギーがある場合は、クラリス(15 mg/kg/day, 10日間)やジスロマック(10 mg/kg/day, 3日間)を使います。抗菌薬を飲み始めて24時間たてば、他人にうつす危険はなくなります。

皮膚の感染(膿痂疹、とびひ)も ぬり薬だけでなく抗菌薬の飲み薬を使う

 溶連菌が皮膚に感染すると、伝染性膿痂疹(とびひ)になります。最初は周囲の赤みを伴う水ぶくれで、水ぶくれがにごった膿となり、厚いかさぶたでおおわれます。溶連菌は、虫刺されや引っかき傷から入り込みます。感染した場所をかきむしると、どんどん感染が広がっていくことから、「とびひ」とも呼ばれます。汗をかいて肌が荒れやすい夏に流行します。

 治療はシャワーを浴びるなどして皮膚を清潔に保ったうえで、かゆみが強ければステロイドのぬり薬、かさぶただけなら抗菌薬のぬり薬を使います。その上から、亜鉛華単軟膏をぬってガーゼで保護するとよいです。医者にかかるときには膿痂疹はかなり広がっていることが多いので、抗菌薬の飲み薬も使うことがあります。

 とびひは、黄色ブドウ球菌でも起こります。黄色ブドウ球菌は、溶連菌と違って、抗菌薬が効きにくい耐性菌が多いです。治りが悪い場合は、黄色ブドウ球菌も考えて、抗菌薬を変更します。

溶連菌感染後の急性糸球体腎炎は、安静と塩分制限で自然になおる

 溶連菌の感染で生じた免疫反応が、腎臓に影響して急性糸球体腎炎を起こすことがあります。特に5~12歳くらいに多くみられます。咽頭炎の1~2週間後、膿痂疹なら3~6週間後に、突然、血尿や高血圧、むくみが出て発症します。尿検査をしてはじめて血尿が判明する程度の軽症のこともあれば、目で見て分かるほど尿が赤くなったり、高血圧のせいで頭痛やけいれんを起こすこともあります。ただ、ほとんどの場合、入院して安静にしてもらい、塩分や水分を制限するなどの治療をきちんとすれば、なおります。以前は、溶連菌感染症の2~4週間後に尿検査をすることもありましたが、溶連菌感染後に全員一律に尿検査をする医学的な意義はないとされています。

Q&Aコーナー

Q:溶連菌に1回かかったら、もうかかることはないのですか?

A:溶連菌感染は複数回かかることがあります。ヒトに感染して病気を起こすA群溶血性連鎖球菌は、菌の表面にあるM蛋白の種類によって220以上もの血清型に分類されます。溶連菌に1回かかっても、M蛋白が異なる溶連菌には免疫ができません。子どものうちに複数回の溶連菌感染を起こすことはありえます。ただ大人になると、流行しやすいタイプの溶連菌にはたいてい免疫ができてしまうので、溶連菌感染症にかかりにくくなります。
なお、M蛋白の種類に応じて、リウマチ熱を起こしやすいかどうか、急性糸球体腎炎を起こしやすいかどうかが決まります。地域で子どもの急性糸球体腎炎が流行している場合は、溶連菌感染後には特に注意が必要です。

Q:短期間に何回も溶連菌にかかったのですが、どういうことですか?

A:異なる種類の溶連菌に繰り返し感染している場合と、溶連菌の保菌者がウイルス感染を繰り返している場合の2通りが考えられます。無症状にもかかわらず溶連菌がのどに住み着いていることがあり、このような人を保菌者といいます。保菌者が、ウイルス性の咽頭炎を起こしたとき、検査では溶連菌が検出されるので、一見、溶連菌による咽頭炎にみえてしまいます。区別するためには、(1) 溶連菌による咽頭炎であれば、抗菌薬の内服から24時間以内に症状が改善すること、(2) 無症状時にものどから溶連菌が検出されること、(3) 周囲の流行状況、から総合的に判断します。
 なお、無症状の保菌者は、他の人へ感染させる危険は低く、また本人に合併症を起こすこともありません。無症状の保菌者への治療は不要です。

Q:リウマチ熱やリウマチ性弁膜症とは何ですか?

A:リウマチ熱とは、溶連菌による急性咽頭炎の2~3週間後に、関節痛や心炎、舞踏病を起こす病気です。溶連菌の感染を繰り返して心炎がくすぶり続けると、10年以上たってからリウマチ性弁膜症になります。これを防ぐため、リウマチ熱にかかったら、10年以上の長期にわたって抗菌薬を飲み続けなくてはなりません。舞踏病とは、不随意運動といって手足が勝手にピクついたりして不器用になります。落ち着きがなくなったり、学校の成績が急に下がったりすることで気づかれることもあります。不思議な症状ですが、鎮静薬(フェノバルビタールなど)で症状を抑え、時間がたてば自然によくなります。
 溶連菌による急性咽頭炎にかかっても、発症から9日以内に抗菌薬で治療すれば、リウマチ熱は防げます。急性咽頭炎がよくなっても抗菌薬を一定期間飲み続けてもらうのは、リウマチ熱を予防するのが目的なのです。

Q:溶連菌感染後のリウマチ熱やリウマチ性弁膜症が、昔より大幅に減ったのはなぜですか?

A:昔は子どもの心臓病で最も多かったのがリウマチ熱、リウマチ性弁膜症でした。
 アメリカのデータでは、20世紀初頭は10万人あたり年間200人の発生頻度だったのが、1940年代には10万人あたり50人に、現在では10万人あたり0.5人まで減っています。日本小児循環器学会の集計では2014年にリウマチ熱を発症した子どもは、全国で7人でした。リウマチ熱、リウマチ性弁膜症が激減した理由として、二つの要因が考えられています。
 まず第一に、そもそもリウマチ熱を起こしやすい血清型の溶連菌が減ったことがあります。溶連菌による急性咽頭炎は今でも子どもによくみられますが、溶連菌の中にもリウマチ熱を起こしやすい型とそうでないものがあります。不衛生な環境で子どもたちが密集して生活していると溶連菌感染が広がっていきます。生活環境がよくなって感染の連鎖が絶たれたことにより、リウマチ熱を起こしやすい血清型の溶連菌が先進国からほぼ消えてしまったと考えられます。溶連菌による急性咽頭炎自体は自然に治ります。もはやリウマチ熱を心配する必要がないのであれば、日本においては、溶連菌感染症を一人残らず見つけて全例に抗菌薬を投与する、という意義はあまりないと言えるでしょう。
 第二の要因として、急性咽頭炎に対して抗菌薬による治療が行われるようになったということも関係しているでしょう。いずれにせよ、日本を含む先進国では、リウマチ熱、リウマチ性弁膜症は非常にまれな病気になりました。溶連菌による急性咽頭炎にかかっても、抗菌薬による治療がなされれば、まず心配はいりません。血液検査で血清抗体(ASO, ASKなど)が上昇していることだけを根拠に、リウマチ熱と診断するのは適切ではありません。

関連記事

  1. 脂漏性湿疹と「頭のフケ」

  2. 子どもの胸痛

  3. 子どもの気管支喘息

  4. 子どもの高コレステロール血症~家族性高コレステロール血症とは…

  5. ビタミンDとカルシウム

  6. 新生児へのビタミンK投与

PAGE TOP