HPVワクチン(子宮頸癌ワクチン)

 HPVワクチンとは、子宮頸癌を起こすヒトパピローマウイルス(HPV)感染症を予防するワクチンです。国内では、毎年、約3000人の女性が子宮頸癌で死亡しています。初めての性交渉を経験する前にHPVワクチンを接種することで、子宮頸癌が88%減ったというデータがスウェーデンから出ています(N Engl J Med 2020;383:1340)

 大久保駅前・林クリニックでは、HPVワクチン(4価ワクチンと9価ワクチンの両方)の接種を行っています。

 多くのお嬢さんにHPVワクチンを接種していただき、近い将来、子宮頸癌に苦しむ方が減るよう願っています。

副作用についての解説Q&Aコーナー:HPVワクチンの副作用が心配なのですが、大丈夫ですか?

4価ワクチンは定期接種の対象です

 HPVにはいくつかの型があります。そのうちHPV 6型、11型、16型、18型の4種類に感染予防効果がある4価ワクチン(ガーダシル)と、さらに5種類(31型、33型、45型、52型、58型)もカバーする9価ワクチン(シルガード9)があります。当院ではどちらのワクチンも取り扱っております。

 4価ワクチン(ガーダシル)は、小学校6年生から高校1年生の女子を対象とした定期接種となっており、無料で接種できます。また、定期接種の期間を逃してしまった方への救済措置(キャッチアップ接種;対象は1997年4月以降生まれの方)にも公費助成がなされています。対象者には、お住まいの市区町村から予診票が送付されています。

 HPVワクチンは、合計3回の接種が必要です。1回目の接種の2ヶ月後に2回目を、そのさらに4ヶ月後(つまり1回目の接種から6ヶ月後)に3回目を接種して完了となります。このスケジュールは4価ワクチン、9価ワクチンとも同じです。

HPVワクチンのWeb予約はこちらから

公費助成が受けられる年齢のうちに、4価ワクチンを接種しましょう

 4価ワクチン(ガーダシル=公費助成あり)と9価ワクチン(シルガード9=自費で接種)、どちらを打つのがよいか、悩まれる方もいると思います。無料(公費助成)で接種できる年齢(標準的には小学校6年生から高校1年生の女子)であれば、まずは4価ワクチンを接種することをおすすめします。

【理由1】4価ワクチンで、子宮頸癌の7割を占めるHPVの感染が予防できます

 4価ワクチンは、HPV 6型、11型、16型、18型の4種類の感染を予防するワクチンです。このうち、HPV6型と11型は、尖圭コンジローマという性感染症の原因であり、子宮頸癌を起こすことはありません。一方、HPV 16型と18型は、子宮頸癌の約7割の原因となるウイルスです。9価ワクチンでは、さらに追加で5種類(31型、33型、45型、52型、58型)の感染を予防できますが、この5種類が原因となる子宮頸癌は2割弱に過ぎません。したがって、性交渉を始める年齢に達する前に4価ワクチンを接種すれば、子宮頸癌の多くが予防できるといえます。

【理由2】4価ワクチンを規定の3回接種した後、将来的に9価ワクチンを追加接種することもできます

 4価ワクチンを規定どおり3回接種した後、改めて9価ワクチンを規定回数(3回)接種した場合、特に有害とはならず、また98%以上の人で9種類のHPV型すべてに対する十分な抗体が得られることが分かっています(Vaccine 2015;33:6855)

 HPVワクチンは自費で接種しようとすると非常に高額の費用がかかります。まずは、無料で接種できるうちに4価ワクチンを接種することをおすすめします。将来的にお子さんご自身の判断で9価ワクチンを自費で接種することも可能です。

 もちろん、高額な費用に抵抗がなければ、9価ワクチン接種をおすすめします。現在では、世界的には、9価ワクチンが標準的になっています。

HPVワクチンを接種した方も子宮頸癌検診は必要です

 HPVワクチンは、子宮頸癌を予防する高い効果があります。しかし、HPVワクチンでカバーされない型のHPVに感染して子宮頸癌になる可能性はあります。HPVワクチンを接種した方でも、20歳を過ぎたら2年に1回は子宮頸癌検診を受けることがすすめられます。

参考:がん情報サービス

大久保駅前・林クリニック【新宿区・大久保駅前の小児科・内科・循環器内科・アレルギー科】

JR総武・中央線 大久保駅から徒歩1分
大久保駅前・林クリニック

HPV(子宮頸がん)ワクチンのWeb予約受付中
4価ワクチン:東京23区の接種券をお持ちなら無料接種できます
9価ワクチン:自費で接種可能です(税込1回30,000円)
ご予約は電話 03-6908-5665 (診療時間内のみ)
 もしくは 24時間対応で便利な Web予約をご利用下さい

Q&Aコーナー

Q:HPVワクチンの副作用が心配なのですが、大丈夫ですか?

A:2013年にHPVワクチンが定期接種となった後に、HPVワクチン接種後に体じゅうに痛みが生じる、手足に力が入らない、歩けなくなる、といった症状がみられたということが問題となりました。テレビや新聞でセンセーショナルに報じられたのを覚えている方も多いかもしれません。このため、HPVワクチンは定期接種であるにもかかわらず、対象年齢になっても自治体から接種券が送られない(接種したい人だけが自治体に申し出て接種券を送ってもらう)という措置がとられました。
 大規模な調査の結果、広範な痛み、手足の脱力、歩行不能などの症状が出る頻度は、HPVワクチン接種とは無関係であることが明らかになっています (Papillomavirus Research 2018;5:96-103)。
 HPVワクチンの接種対象となる小学校6年生~高校生という年齢は、多感な時期であり、精神的にも不安定な時期です。HPVワクチンが接種されるよりも昔から、思春期に原因不明の多彩な症状を訴える患者さんはいらっしゃいました。予防接種は痛みや恐怖を伴います。予防接種をきっかけに心身の不調を感じることもあり、これを「予防接種ストレス関連反応」といいます。痛みの治療の専門家(麻酔科の先生が得意とすることが多いです)や、子どものこころの専門家(児童精神科や小児神経科)で時間をかけて診てもらうことで、思春期特有の心身症の患者さんの症状が落ち着いて、日常生活を支障なく送れるようになることは、私を含め、多くの小児科医が経験しています。
 HPVワクチンの子宮頸癌予防効果は明確であり、ぜひとも多くの方に受けていただきたいと思います。4価ワクチンの公費助成(無料接種)は、小学校6年生から高校1年生までの4学年の間が対象です。十分な期間がとられていますので、慌てる必要はありません。まず、お子さんご自身がHPVワクチンの意義をよく理解してください。その上で、受験前や進学直後といった精神的なストレスがかかる時は避け、体調の良いときに接種をしましょう。1回目接種の2ヶ月後に2回目、さらに4ヶ月後に3回目の接種をするのが標準的ですが、体調によっては2回目・3回目の接種を遅らせても全く問題ありません。合計で3回接種できれば、しっかりと効果が得られます。

参考:厚生労働省によるHPVワクチンの情報

Q:HPVワクチンは成人でも接種する意味がありますか?

A:HPVワクチンはすでに感染が成立しているHPVには効果はありません。しかし、HPVワクチンがカバーしている4種類あるいは9種類のHPVのうち、まだ感染が成立していないウイルスに対する感染予防効果はあります。性交渉の経験のある成人でも、引き続き性交渉をすることがある限り、HPVワクチンを接種する意味はあると言えます。未感染の型のHPVへの感染を予防する効果は期待できるからです。もちろん、HPVワクチンを接種しても、定期的な子宮頸癌検診は必要です。

Q:男性でもHPVワクチンを接種する意味がありますか?

A:自費になりますが、4価ワクチン(ガーダシル)は、9歳以上の男子も接種できます。男性の肛門癌、中咽頭癌、陰茎癌の一部は、HPVが原因です。例えば、肛門癌の90%、陰茎癌の40%はHPVが原因です(J Adolesc Health 2010;46:S20)。男性でもHPVワクチンを接種すれば、これらの癌の予防効果があります。また、男性がHPV感染を予防することで、パートナーにHPVを感染させる危険が減る効果もあります。
 海外では、男性にも9価ワクチンを接種しています。残念ながら、日本では、男性への9価ワクチン(シルガード9)の接種は、国の薬事承認が得られていません。ただ、男性に生じるHPVによる癌の大半が4価ワクチンでカバーできると考えられていますので、4価ワクチンの接種でも医学的には十分な効果が期待できます。例えば、HPVが原因となる肛門癌の82%は4価ワクチンでカバーできるのに対し、9価ワクチンだとカバー率は88%となり、その差はわずか6ポイントです(Int J Cancer 2015;136:98-107)。肛門癌の場合は、HPV 16型がもっとも発癌性が高く(Lancet Infect Dis 2018;18:198)、これは4価ワクチンでカバーできます。

関連記事

  1. 卵アレルギー

  2. 百日咳は赤ちゃんだけの病気ではありません

  3. おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)

  4. アレルギー性鼻炎

  5. 新生児へのビタミンK投与

  6. 赤ちゃんの目やに

PAGE TOP